社会人が理学療法士を習うには|夜間という手段

社会人などが学びます

社会人や主婦の中には、理学療法士を目指してもう一度勉強し直す人がいます。そのような人たちは、夜間課程がある理学療法士養成学校で学ぶことが多いです。夜間課程の場合、1日3時間程度の授業であることが多く、4年制の学校がたくさんあります。

理学療法を学ぶプログラム

社会人が理学療法士になる方法としては夜間にプログラムが開講されている専門学校が理想的です。この教育機関では試験対策だけではなく、実技学習を通じて即戦力となる理学療法の学識と実技をバランスよく学べるようになっています。

昼は働き夜は勉強

理学療法士になるために、働きながら勉強することができる夜間コースを用意している専門学校があります。夜間で勉強すれば昼間は稼ぐために働くことができるので、働きながら転職に向けての準備を行うことができます。

働きながら国家資格を

治療

高い士気を持って学べる

理学療法士になるための学校は大学と専門学校がありますが、夜間課程を用意しているのは専門学校のみです。多くは4年制ですが、一部の学校では3年制となっています。最短期間で理学療法士の資格を取ろうという人は、3年制夜間課程がいいかもしれません。夜間課程は、働きながら学びたいという人にとっては時間的にも金銭的にも大きなメリットになります。基本的に4年制と3年制で学費は変わりませんが、1年早く理学療法士として就職できるので収入に差が付きます。働きながらの通学は大変ですが、周囲の生徒が皆同じような境遇でやる気を持って通っているため、高い士気を持ち続けられる可能性も高いです。特に3年制ではカリキュラムの密度が濃く、即戦力を身に付けられる可能性もあります。夜間課程の授業は、年間に450時間以上設けなければいけない決まりです。4年制では、平日18時から21時過ぎまでの2コマと土曜の終日というのが一般的なスタイルになっています。また、3年制ではそれに夕方から始まる授業を1コマ加えるのが一般的です。それから、4年制の昼間課程と比べると、夏休みなどの長期休暇は短くなります。学校によっては独自の奨学金制度を設けているところも少なくありません。例えば、既に医療や福祉関係の資格を持っている人であれば入学金が免除になる等の制度を利用できることもあります。理学療法士の試験は難しいですし時間のやり繰りも大変ですが、目標に向かって計画を立てて実行することが身に付きます。その経験は、今後の人生に大いに役立ってくれるでしょう。