社会人が理学療法士を習うには|夜間という手段

社会人などが学びます

勉強道具

4年制の学校が多いです

リハビリテーションの専門職である理学療法士と働くためには、国家試験に合格しなければなりません。その国家試験を受験するためには、理学療法士を養成する大学・短大・専門学校で必要な単位を修得し卒業する必要があります。これらの学校は3年制か4年制であるので、ある程度長い期間学校に通わなければなりません。ところで理学療法士の魅力は、色々な人とめぐり逢えることです。理学療法士になると、仕事を通じて色々な患者と接する機会があります。また患者だけではなく、その家族と接する機会が増えます。色々な人と接することで、視野が広がり勉強になることが多いです。更に医療機関だけではなく、スポーツ施設などで活躍する理学療法士も大勢います。このように活躍の場が広がっているので、今後ますます注目を集めるでしょう。このような背景から社会人経験者や主婦などが、理学療法士になるためにもう一度勉強し直すというケースがあります。彼らは昼間仕事や家事をしている人が多いので、夜間課程がある学校に通うことが多いです。夜間課程を採用する学校は全国各地にありますが、東京都や大阪府など都市部にたくさん集まっています。夜間課程では1日約3時間程度の授業時間を設けています。このように、1日の授業時間が限られていることから4年制の学校が多いです。また学校によって異なりますが、夜間課程における1年間の授業料は昼間コースに比べて若干安めです。但し昼間の3年制に比べると、トータルの学費は高くなるでしょう。夜間課程の学生の多くが、目的意識をしっかり持って勉強しています。やる気が違うので、それが刺激になって切磋琢磨できる環境です。